9月の11日の灯り

しぇあハート村マルシェで毎月11日、東日本大震災の月命日に行っている「11日の灯り」、9月はダブルゲストをお迎えしました。佐々木彩さんと本間聖章さん。お二人とも普段は車いすなどを使い生活されています。ハンディがありながらも、佐々木さんは水泳、本間さんはハンドバイクで久慈ー盛岡間150kmを走破するなど、パワフルに活動されています。そんなお二人から、震災時どのように過ごし、震災に会ったことから得たもの等のお話を頂きました。

K3_A0176.jpg

お話の前にゲストを含め皆で黙祷し、灯りを点灯しました。

11日のあかり9月のコピー.jpg

本間さん、佐々木さんお二人とも震災時、近所、周囲にとても助けられたというお話をされていました。

震災から得たものは、「人とのつながり」で、これからも受け身ではなくこちらから挨拶をする、こちらからアプローチすることが大切だともおっしゃっていました。

しぇあハート村もたくさんの方からご協力を頂いております。私たちしぇあハート村の支援員、ボランティアスタッフ共にいろいろな方と関わりを持つことで、お互い助け合える、補いあえる関係を作って行きたいと思います。

本間さんの活動はこちらの動画をご覧下さい。

最近の記事
過去の記事