安心できる場所、復興への推進拠点として

  もりおか復興推進しぇあハート村は,被災地から進学のために盛岡市へ転入してくる学生に無償で居所を提供する「復興支援学生寮」と復興支援団体の活動拠点となる「シェアオフィス」からなる、被災者や被災地の状況を踏まえたきめ細やかな復興推進に取り組むために設置された復興推進の複合的拠点施設です。 

 運営にあっては町内会を始めとする多くの近隣住民の皆様の御理解と御協力をいただいております。

 多くの方がしぇあハート村にかかわり,人と人,想いと想いをつなぎ合わせることで,1日も早い被災地の復興と,将来を担う人材の育成の一助になることを願います。

 

盛岡市総務部危機管理防災課

しぇあハート村の成り立ち

2012年 4月 東日本大震災復興支援学生しぇあハウスとしてスタート(入居学生9名)

2012年 5月 学生からのアンケートにより学生寮の名称を「しぇあハート村」に

2013年 4月 入居学生を新たに8名受け入れ、17名に

2013年 5月 学生寮をはじめとする復興推進の複合施設として「もりおか復興推進しぇあハート村」発足。(5月28日開村式)

2014年 4月 学生2名がしぇあハート村から卒業。新たに10名入居、合計25名に

2015年 4月 4名が卒業、3名の新規入居生を迎える

2016年 4月 6名が卒業、6名の新規入居学生を迎える

2017年 4月 8名が卒業、7名の新規入居学生を迎える

2018年 4月 7名が卒業、5名の新入生を迎える

Please reload

しぇあハート村の取り組み

学生寮ごはんの会 学生達が自主的に集まって開いています

頂いた食材や持ち寄ったおかずで自主的に集まって不定期開催しています。「みんなで食べると美味しいね」調理から食事、後片付けまで、どこから参加してもOKです。

しぇあハート村祭り(夏祭り・文化祭)

しぇあハート村内外、地域のみなさんと共に夏祭り、文化祭を開催。様々なイベントを一体となって盛り上げます。

11日の灯り(2017年3月で「かまどっこ(本宮)」に移行)

毎月11日

メモリアルフィルム 映画「ひとつ」

2013年公開

岩手県の内陸と沿岸被災地出身の2人の青年が、盛岡市内にある復興支援学生寮「しぇあハート村」の月命日イベント「11日の灯り」で偶然に出会う。ともに趣味とする音楽(曲づくり)を通じて、東日本大震災後それぞれが抱えている辛い想いを吐露し、交差させ、ぶつけ合い、そして判り合っていく。晩秋の岩手路の旅をしながら、心が「ひとつ」になっていくまでの、小さな復興への物語。.

Please reload

しぇあハート村復興支援学生シェアハウスは盛岡市からの委託を受け、一般社団法人SAVE IWATEが運営しています。

〒020-0866盛岡市本宮5-10-16 TEL 019-601-5043     share.mori@gmail.com